DATA

DMP - Pandora

アトリビューション解析システム Pandora

オムニバスの保有する1.5億cookieのオーディエンスデータとアトリビューション分析サービスパンドラの特性を組み合わせ開発されたパンドラDMP。
WEB・CRMデータなど企業の保有するデータと、広告配信データやサードパーティーデータを統合。アトリビューションやアクセス解析など多角的な分析により、データに新たな価値を生み出します。

パンドラDMPを活用したデジタルマーケティング

 

 

分析したデータに対するシームレスな広告配信

 

パンドラDMPはvideoDSPであるTubeMogulやOmnibus Network と連携しています。分析によって導きだされたターゲットに対してシームレスな広告配信を実現しました。

 

パンドラDMPを活用したマーケティング

 

・ リピーターの特性を顕在化しリピート率を向上
売上データと顧客属性データを統合し、RFM分析からリピーターの特性を導き出します。リピートする顧客とそうでない顧客をパターン化し、リピート率向上のための施策を展開することが可能です。

・ コンバージョンするユーザーのペルソナ像を発見
広告配信データとWEBサイト訪問データを統合し、オムニバスの保有するオーディエンスデータと照らし合わせて分析を行うことで、広告に反応しただけのユーザーとコンバージョンに至ったユーザーの違いを明らかにすることができます。コンバージョンするユーザーのペルソナ像に合致するターゲットに向けたキャンペーンを展開が可能です。

・ 広告主サイトに訪問するユーザーに合わせた商品の見直し
WEBサイト訪問データとオーディエンスデータを統合し解析することで、広告主サイトに訪問するユーザーのペルソナ像を導き出します。その知見は、商品自体の見直しにも活用できます。