NEWS


←コンテンツトップへ


大手ブランド動画広告出稿停止の衝撃〜ブランド毀損を防ぎつつ広告配信を行う方法〜

日時:4月20日(木) 18:00-19:30 場所:株式会社オムニバス 中目黒オフィス[地図]

※イベントは終了しました。

■---セミナー背景---■

インターネット検索大手グーグル経由で配信される広告枠を巡り波紋が広がっています。
 
同社のネットワークに出稿された広告の一部が、テロや人種差別をあおる悪質なコンテンツと共に掲載されていると英紙タイムズが報道。そのことをきっかけに欧州・米国の大手広告代理店や大手広告主の中でGoogleのディスプレイネットワークおよびYouTubeへの広告出稿停止が相次いでいます。
 
運用型広告を中心に急速な拡大を見せるネット広告において、その発展と同時に国内外で様々な課題が浮き彫りとなってきました。具体的には、
 
・広告枠がしっかりと、人によって見られているか
 
・不適切なWEBサイトまたはコンテンツに広告が表示されていないか
 
など、ネット広告の健全性に関わる議論が世界で頻出しております。
 
本セミナーではそのような『ネット広告の健全性』に関する重要点を取りまとめると共に、これまで株式会社オムニバスが取組んで来た、ブランド毀損を防ぎ広告価値を高めるために行って来た活動を、仕組みや実例とともにご紹介させて頂きます。

■---タイムスケジュール---■

開催:4月20日(木)
17:45 受付開始
18:00 セミナー開始
第一部:世界的なデジタル広告出稿停止に対する問題把握 (株式会社オムニバス 代表 山本)
第二部:アドベリフィケーションの仕組みと実例 (株式会社オムニバス トレーダー 島田)
第三部:動画広告PMP「OVX」 (株式会社オムニバス ビデオチーム)
19:30 質疑応答後、セミナー終了



※ 入館方法:お申込後、当日会場受付にてお名刺を頂戴しております。







←コンテンツトップへ