BLOG


←コンテンツトップへ


リテール×テクノロジーによる顧客体験の変化 〜流通・小売企業は今、何に取り組むべきか?〜

日時:9月8日(金) 19:00- 場所:@渋谷

概要:
近年リテールテクノロジーの進化や決済環境の変化によって私たちの購買体験は大きく様変わりしようとしています。株式会社オムニバスでは、リテール革命時代における新しい顧客体験創造に関するセミナーを開催いたしました。

セミナータイトル:「リテール×テクノロジーによる顧客体験の変化 〜流通・小売企業は今、何に取り組むべきか?〜」

登壇者:
オイシックスドット大地株式会社 執行役員 COCO 奥谷 孝司 様
大日本印刷株式会社 クリエイティブビジネス開発部部長 矢野 孝 様
株式会社クレディセゾン ネット事業部長 磯部 泰之 様
株式会社オムニバス 代表取締役 山本 章悟(モデレーター)

グローバル規模で起こる小売業界の低迷




山本:まずは今回のセミナーを開催するキッカケにもなった大きなニュースについてお話できればと思います。2017年6月11日に、アマゾンがホールフーズマーケットを買収することを発表しました。その背景としてなにが起こっていたかというと、アメリカで小売業界が瀕死の状態になっているということがあります。BeBeとかTHE LIMITEDなどに至っては店舗は全店舗が閉店され、オンラインでは売り上げが伸びているのでそこだけ残したという状態になっています。その他にもpaylessという会社は破産、トイザラスもつい最近破産するのではないかというニュースがありました*¹。 

結構これは深刻な状態だということが海の向こうでは起こっている。そしてそんな中、アマゾンとウォールマートの株式時価総額が逆転したんですね。具体的には2015年に逆転したんですけれども、アマゾンの方がUSのリテールの巨人であるウォルマートよりも価値が高いと株式市場ではみなされていると。実際、ウォーレン・バフェットさんという有名な投資家が、ウォルマートの株を全部売却したというのもニュースになりました。

Retailomni.slideshr from e-omnibus-inc

 
すると今度は8月23日にGoogleがウォルマートとの提携を発表しました*²。記事によるとGoogleがやっている音声の認識サービス、アマゾンでいうところのアレクサ、アマゾンエコー、あれをウォルマートとやるというふうに発表していて、まずは音声のところの提携なんですけども、今後どんなことをしてくるのかということは非常に面白いところに来たなと、いうことになっています。ここで、ビジネスの面でもアカデミックな面でも、日本におけるアマゾン研究の代表者として奥谷さんをお招きさせていただきました。

参照*¹:http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/06/toys-r-us_a_23199623/ 
参照*²:http://blog.walmart.com/innovation/20170823/walmart-google-partner-to-make-shopping-even-easier-heres-how

オムニチャネル戦国時代のアメリカ

奥谷:今まさにアメリカはオムニチャネル戦争になっているなというのを感じています。アマゾンのことを語るといろんな側面があるのであれですけれども、やっぱりデジタルで顧客のことをわかっている人たちがオフラインに攻めてきていると。一方でこのニュースがあったのと同じタイミングに、日本では記事になっていないですけど、実はウォルマートがボノボスという会社を買収しているんですよ。

(参照:https://www.nikkei.com/article/DGXLASGN17H02_X10C17A6000000/

ボノボスという会社はネット企業で、ネットでお客さんとつながっていて、店舗は基本的にショールーム化していってお客さんの洋服はパーソナルスタイリストがフォローしながら試着をして、買うのはネット。昔だったらウォルマートがそういう会社買ったことが大きなニュースになったのが、今やアマゾンの方が先に来ている(インパクトは大きくなっている)。ネット企業というのはオムニチャネル戦略競争の主導権を握ってきていまして、それでかなり慌てているのでGoogleさんとの提携やアレクサの対応というのがでてきている。オフラインの雄も負けじとパンチが出せるわけですから素晴らしいなと。逆に日本の小売業はようやくアプリを作って専門店が少しオムニチャネルを始めたかなというぐらいなので、遅れているのかなというのは感じるところですね。

>>> 続きを読む 

 







←コンテンツトップへ