SHOW CASE


←コンテンツトップへ


事例紹介 アドネットワーク活用術

事例紹介:マクロミル様

BtoBにおけるアドネットワークの活用

 


 株式会社マクロミル 事業企画部営業企画グループ 広瀬 信輔様               

  

SEMだけでは取りきれない、「認知」獲得にアドネットワークを活用。

◆アドネットワークの導入に至るまで

これまで、弊社のwebプロモーションは、リスティング広告中心でした。純広告なども試しましたが、費用の割に望む効果が得られませんでした。ただ、リスティング広告はニーズが顕在化したユーザー向けの広告です。ユーザーがインターネット上で過ごす時間のうち、検索結果ページ(SERP)に接触している時間は約4%に過ぎず、それ以外の時間はページ内のコンテンツを閲覧しているといわれています。そうなると、残りの96%に対して広告施策を打つのは広告担当として当然の流れです。そんな時、オムニバスのアドネットワーク「オムニバスネットワーク」の話を聞き、兼ねてより試したかったコンテンツ閲覧中のユーザーへ効果的にアプローチができると思い、導入を決めました。

 

◆これまでのweb広告施策では「認知」部分が不足。それを補えるのが「アドネットワーク」

では、以下の図でその考え方を説明したいとおもいます(図1)。Web上で、コンバージョンに至までのユーザーのマインドフローを、広告施策と合わせて考えてみます。

まず、「非認知」から「行動」に至るマインドフローの前半部分は、純広告などの従来の広告手法/広告施策だけでは手薄です。「行動」以降については、2002年以降注目を集めた「検索連動型広告」が非常に優秀ですが、そもそも対象となるユーザーのボリュームがマインドフロー前半部分と比較して少ないのです。「非認知」から「行動」へ至るまでのユーザーに“的確に”リーチすることは、検索連動等の転換率の高い広告のターゲットを広げることにも繋がります。その有効な手段がアドネットワークで、弊社としては“潜在的なユーザーニーズを掘り起こしと、自社やサービスを認知してもらう手段”として位置づけています。アドネットワークの真価は“行動ターゲティング”。つまり、むやみやたらに広告を打つのではなく、適切なユーザーに広告を届けやすくなった事にあると思います。従来のバナー広告やコンテンツ連動型広告などの広告配信の仕組みでは、広告の内容は広告媒体であるWebサイトのコンテンツに合わせて選択されていました。これに対して行動ターゲティング広告ではCookie情報を元に、広告媒体のコンテンツではなく、個々のユーザーに合わせた広告を配信できるというメリットがあり、それを最大限に生かすのがアドネットワークだと思っています。
これによって、「認知」を獲得できるだけでなく、従来の広告よりも効率よく「興味」や「行動」フェーズへとユーザーを誘導できているのだと思います。


CVは42%増。広告クリック以外のアクセス増に注目

◆導入後、CVは42%アップ


アドネットワークの導入後は、サイト全体のコンバージョンが月平均42%アップしました。出稿から半年間、自社に最適な方法を探りながら・・・

続きをお読みになる場合は、以下のボタンから資料をダウンロードしてください。







←コンテンツトップへ