SHOW CASE


←コンテンツトップへ


ロングセラーブランドのクリニカが動画コンテンツにチャレンジする理由~VISMで見えたデジタルの「リアルな反応」~

4月27日、AdverTimes Days 2017セミナーにおいて、ライオン株式会社横手弘宣様と弊社代表山本によるトークセッションが行われました。横手様はライオン株式会社の「クリニカ」ブランドをユーザーに浸透させるため、ユーザー視点に立った新しい動画コンテンツを制作。クリニカの成功事例を通して、これからのコンテンツマーケティングに重要な視点について講演頂きました。

 

登壇者

ライオン株式会社 ブランドマネジャー 横手弘宣

ライオン株式会社 ヘルス&ホームケア事業本部 オーラルケア事業部 ブランドマネジャー 横手 弘宣
Profile

2000年ライオン株式会社入社。営業を6年間経験後、マーケティング本部へ。掃除用クリーナー「ルックブランド」の担当として、「まめピカ」・「おふろの防カビくん煙剤」などの開発を担当。その後2年間、実務を離れてMBA留学へ。卒業後、現職に着任。

 

 

アドタイデイズ2017に登壇する 株式会社オムニバス代表 山本章悟

株式会社オムニバス代表取締役山本章悟

2008年株式会社オムニバスを設立。アドネットワーク、オーディエンスターゲティング事業を中心に国内市場の近代化を推進する。

 

 

多様化するメディア、ユーザーに届かない動画コンテンツ

横手氏(以下、横手):みなさんこんにちは。ライオン株式会社の横手と申します。現在、オーラルケアの分野でクリニカというブランドを担当しています。クリニカというのは歯磨きから始まり、もう36〜37歳のかなりのロングセラーブランドです。今までどおりのやり方ではユーザーにクリニカブランドが浸透しないといった中、今回動画によるコンテンツマーケティングにいろいろとチャレンジさせていただきました。

山本:早速質問ですが、今回動画の中でもコンテンツをフル活用されたということで、ここに至った経緯とその事情を教えていただけますか?

アドタイデイズ2017に登壇する ライオン株式会社 ブランドマネジャー 横手弘宣
横手:我々マーケティング担当者の現状として、情報が錯綜しているような時代においては、いい動画コンテンツを作ってもなかなかお客様に届かないというような悩みがあります。そういった中で、コンテンツの内容や見せ方の力点を「モノやものづくり」というところからシフトさせたという背景があります。毎日歯を磨くけれど、クリニカブランドを想起してもらう瞬間がないといったときに、お客様の価値観とか生活とかライフスタイルに合った形でその製品の持つ価値を届けてあげるという意味で、生活の文脈を我々のマーケティングの起点としなければならないということを今一度考えているところです。モノ・機能といったところに対するこだわりを持ちつつ、それに+αとして、お客様に共感してもらえることが、モノが売れる必須のマーケティング要件になっていると考えています。

今回の動画において、商品やブランド名は、ほぼ出てこないようなコンテンツを作らせていただいて、それがうまくいったというところです。


>>> 続きをよむ







←コンテンツトップへ