SHOW CASE


←コンテンツトップへ


不動産仲介のハウスコムがゼロから動画活用を始めてブランディングに成功するまで

不動産仲介業を展開されるハウスコム株式会社様では2014年頃より動画活用を開始され、宣伝・販促の枠に捕われずユーザーに楽しんで貰えるような動画によるコンテンツマーケティングを展開されています。

今回は同社サービス・イノベーション室 室長の安達文昭様に、ゼロから動画活用を拡大される際に意識された理念と、これからの企業に求められる情報発信のカタチについてお伺いしました。

ハウスコム 安達文昭様ハウスコム株式会社 サービス・イノベーション室 室長 安達文昭様

動画広告の目的はブランディング強化

私たちハウスコムが動画広告の施策を検討し始めたのは2014年頃でした。当時、「ハウスコム」という企業ブランドの強化という課題があり、当初はテレビCM出稿も検討しましたが、一般的に必要とされる広告予算が見合わず、何か別の方法は無いかと調べて回っていました。

そこで様々なインターネット系のサービス会社などに話を聞く中で、そもそも今の時代に、テレビを見る人がどれだけいるのか?という疑問を持つようになりました。

特に若年層についてその傾向は顕著で、テレビではなくネットで動画を見る人が当時でも非常に増えてきていました。それであれば莫大な予算をテレビCMに投下するよりは、ネットで動画を流すことのほうが実現性も高いし効果も期待できるのではないかと考え、ネット動画を中心に施策を行うことになりました。

もっとも、動画自体が当社として初めての取り組みで、ノウハウも何も無い状態で制作した第一弾の動画は社内の人間からも良い評判は得られないような仕上がりでした。

そのような中で、たまたま動画広告に強いオムニバスさんから直接お話を聞く機会があり、動画の企画・制作の段階からお手伝い頂くようになりました。

<<続きを読む>>







←コンテンツトップへ